[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [44] 商品中 [1-30] 商品を表示しています 次のページへ

Yosephine Salim「Sipit」

2,200円(税込)



アンパサンド 第I集 詩的なるものへ 第4号

2,530円(税込)

各号に封入されるエフェメラが組み合わさり6号で完結する雑誌




尾形亀之助詩集「カステーラのような明るい夜」

2,200円(税込)
SOLD OUT

大正の終わりから昭和の初めに活動した尾形亀之助の詩を、西尾勝彦さんが編集、現代の読者に向けた新しい詩集。


宮田珠己「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険」

2,750円(税込)

旅のエッセイスト宮田珠己さん初の長編小説は、めくるめく東洋奇譚集。



町田康・文/寺門孝之・絵「東山道エンジェル紀行」

1,980円(税込)

小ぶりな本のあちこちから絵が現れる驚きの造本。


山下賢二「喫茶店で松本隆さんから聞いたこと」

1,540円(税込)

音楽だけでなく、お金、時間、不安、恋…さまざまな話題でのおしゃべり。



アンパサンド 第I集 詩的なるものへ 第3号

2,530円(税込)

各号に封入されるエフェメラが組み合わさり6号で完結する雑誌


アンパサンド 第I集 詩的なるものへ 第2号

2,530円(税込)

各号に封入されるエフェメラが組み合わさり6号で完結する雑誌


大竹昭子随想録「超二流の写真家 『センチメンタルな旅』から五十年を生きる荒木経惟」

990円(税込)

パリのギメ美術館の「ARAKI」展をきっかけに書かれたエッセイであり評論。



梨木香歩・文/ユカワアツコ・絵「草木鳥鳥文様」

3,190円(税込)

古い箪笥の引き出しの中に描かれた身近な鳥たちと、その物語。


歌集「ここでのこと」

1,650円(税込)

愛知県にゆかりのある9人の歌人による「いま、ここ」の解像度をぐっと上げる、アンソロジー歌集。


永井宏「愉快のしるし」

2,420円(税込)

永井宏さんが17年にわたり書き続けた956の言葉。



芹沢高志「別府」

1,760円(税込)

「混浴温泉世界」総合ディレクターが虚実を織り交ぜて綴る、芸術祭のコンセプトブック。


文学ムック「ことばと」vol.2

1,870円(税込)

2号の特集は「ことばと演劇」。瀬尾夏美さんが初めての小説にも注目。


文学ムック「ことばと」vol.1

1,650円(税込)

批評家の佐々木敦さんが編集長を務める新しい文芸誌。



Dwiputri Pertiwi×Andri Nirmala「Visions of Mundane Madness」

2,420円(税込)

文字とイラスト、白と黒のコンポジションが美しい本。


Arin「Fish in the Pool」

1,100円(税込)

"縦書き"と短いセンテンスの繰り返しを、しゅっと細長い本に納めた英語の詩集。


Beni Satryo「Pendidikan Jasmani dan Kesunyian」

1,100円(税込)

「体育と沈黙」 面白くて新鮮な短い詩のコレクション。



大竹昭子随想録「スナップショットは日記か? 森山大道の写真と日本の日記文学の伝統」

990円(税込)

まるで旅日記のような大竹さんらしい写真論。


Mikael Johani「we are nowhere and it's wow」

1,100円(税込)

大都会ジャカルタのミックスカルチャーを写した英語の詩集。


西尾勝彦「新装ポケット版 のほほんと暮らす」

1,210円(税込)

詩的な実用書、ポケット版できました。


全 [44] 商品中 [1-30] 商品を表示しています 次のページへ

※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top