金 悠進「ポピュラー音楽と現代政治 インドネシア 自立と依存の文化実践」

20世紀インドネシアを代表するミュージシャン、ハリー・ルスリについて書いたブックレット『越境する〈発火点〉』も好評の金悠進さんが、満を持して出版されたインドネシアの音楽と政治の関係を描く、熱い研究書。インドネシアのインディ音楽シーンについて詳しく書かれており、政治家や軍と関係を持ちながら発展していく様子は興味深い。専門書ですがかなり読みやすく、音楽に限らずインドネシアのインディペンデントカルチャーに興味がある方におすすめです。

224×160mm、326ページ、ハードカバー、モノクロ、2023年。

【クリックポスト可】
販売価格 3,960円(税込)
購入数


New - 新着


nakaban「coffee cup」

49,500円(税込)


nakaban「bowl」

49,500円(税込)


nakaban「Basque Cup」

49,500円(税込)


nakaban「grass」

49,500円(税込)


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Gmail、Outlook、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定をご確認ください。shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
ご注文直後にお送りする自動返信が届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認ください。
初めてご利用の方は、「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

【インボイスについて】
当店はインボイス発行事業者ではありません。

Group

Top