和田拓海「生活と怒号」

岐阜市の本屋メガホンの店主が、先に発行したZINE「透明人間さよなら」を作り、自分で売ってみたことで、分かったこと、考えたこと、人との出会いなどの著者の実践と体感をもとに、ZINEを作って売ることの効能、"弱いまま怒る"ことについての考えを書いたZINE。
「透明人間さよなら」の装丁の理由についても明かされています。

[目次]
生活と怒号
効率の悪い怒り方
当事者性一本槍
綴じる閉じない
生き方としての本屋
政治を拡大解釈する
あとがき

70×198mm、16ページ、中綴じ、モノクロ、2023年。

【クリックポスト可】
販売価格 880円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Gmail、Outlook、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定をご確認ください。shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
ご注文直後にお送りする自動返信が届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認ください。
初めてご利用の方は、「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

【インボイスについて】
当店はインボイス発行事業者ではありません。

Group

Top