Jodo Journal vol.3 特集:距離と創造性

京都・左京区浄土寺に拠点を構えるアートスペース「浄土複合」で開講されているライティング・スクールの3期生と講師によるジャーナル。


[巻頭座談会]
千葉雅也、山内朋樹、瀬下翔太「書けないお悩み相談室」

[レクチャーシリーズ] 書くことのプラクティス
平倉圭「霊をコンポーズする」

小田原のどか「書く/書かれるの境界を攪拌する」

眈祥鴫臓嵋椶魴舛砲垢襪燭瓩法

山内朋樹「フィールドワークを言葉にする」

[小特集] プロトタイプとは何か?
エリー・デューリング「プロジェクトからプロトタイプへ(あるいは、いかに作品にせずにすますか)」(訳:岡本源太+武田宙也)

プロトタイプ――エリー・デューリングへのインタビュー、聞き手:フランク・マドレネール(訳:岡本源太+武田宙也)

池田剛介×岡本源太 対談「芸術のプロトタイプとプロジェクトの社会」

古谷利裕「桂離宮とバイロケーション (柄沢さんとの思い出とその作品について)」

[特集] 距離と創造性
作家不在の美術館でつくられた「作品」たち:牧口千夏(ピピロッティ・リスト展)、鎮西芳美(マーク・マンダース展)|文・聞き手=吉田理紗

アートの再成を新潟から再生する:濱田真由美(久保田成子展)|文・聞き手=中村紗央里

変わりゆく東京の中で、都市を考える:西荻のこと研究所、TOMO都市美術館|文・聞き手=原田遠 

「あらわれる」を共に待つ:サトウアヤコ、タカハシ’タカカーン’セイジ|文・聞き手=よるのふね

[座談会] 伊藤俊治、松田行正、港千尋「パンデミックとバウハウス一〇〇年」

その場での旅――「余白」としての石碑たち|文=川名佑実

砂遊びの記憶を集める。|文・聞き手=荒川弘憲

武富健治 ロングインタビュー:時流との距離|文・聞き手=橋口亮介

[クロスレビュー]
ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island −あなたの眼はわたしの島−
ニューミューテーション#4 小嶋晶・小林椋
パンデミック下で作品を捉えなおす
マーク・マンダース —マーク・マンダースの不在
イサム・ノグチ 発見の道
Viva Video! 久保田成子展

[巻末レクチャー]
池田剛介「造形としてのライティングに向けて」


A5、208ページ、ペーパーバック、モノトーン、2022年。
【クリックポスト可】
販売価格 1,430円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【12月中の佐川急便は当日発送不可】
12月中、佐川急便での発送は、締切時間の変更により、営業日の実店舗閉店時間(火〜金19時・土18時)までのご入金分を翌営業日に発送させていただきます。当日発送ができなくなりますので、通常よりお時間に余裕をみてご注文をお願いいたします。

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top