里山社・編「佐藤真の不在との対話 ー見えない世界を撮ろうとしたドキュメンタリー映画作家のことー」

「阿賀に生きる」「SELF AND OTHERS」「まひるのほし」「花子」「阿賀の記憶」「エドワード・サイード OUT OF PLACE」など、優れたドキュメンタリー映画を生み出し、2007年に急逝した映画作家、佐藤真。
それまで事件や社会課題を糾弾するのが命題だったドキュメンタリーというジャンルにおいて、「見えない世界」を撮り、問題の本質を炙り出すという方法論は、さまざまな示唆に富んでいた。
本書は、混迷を極めた現代もなお深い思考を促す佐藤の映画と言葉のもつ意味を探ろうとする人々による対話集。特集上映「佐藤真の不在を見つめて」とあわせて行われたトーク他から再録。

小森はるか 佐藤真監督の葛藤に救われた
小林茂 わからないから撮る
山根貞男 映画哲学者、佐藤真
赤坂憲雄×旗野秀人 「福島に生きる」は可能か
旗野秀人×永野三智 「遅れてきた若者」だからできること
神谷丹路  プライベートな世界を撮ること
細馬宏通 意味よりも過程を見ていたい
保坂和志 見つめられないものこそ日常
諏訪敦彦 世界は見渡すことができない 
北小路隆志×八角聡仁 佐藤真は終生ドキュメンタリー作家だった
石田優子 彷徨いつづけることを認める
佐藤真の視線でー(編集マン・秦岳志が企画したトークから)

210×148mm、160ページ、モノクロ、ペーパーバック、2021年。

【クリックポスト可】
販売価格 1,650円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。info@calobookshop.comを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。



【12月の佐川急便での発送に関するご注意】
12月中、佐川急便での発送は、締切時間の変更により、営業日の実店舗閉店時間(火〜金19時・土18時)までのご入金分を翌営業日に発送させていただきます。当日発送ができなくなりますので、通常よりお時間に余裕をみてご注文をお願いいたします。

Group

Top