Subsequence Magazine Vol.4

"折衷"時代のアーツ&クラフツを標榜し、世代/性別/人種/国籍その他にとらわれることなく、世界中の工芸と文化にまつわるトピックを幅広く取り上げる雑誌、Subsequence。
4号のテーマは「Small Talk」。パラパラと眺めてもじっくりと読んでも楽しめて、大きな誌面でたっぷりと見せられる写真に目と心が満たされます。
nakabanさんのマンガの連載も続いていますよ。

西加奈子/モニカ・カウェッキ/高城昌平/大森克己
森啓子+山田紗子/キャスリーン・ライリー+白鳥みのり/ピコ・アイヤー+永井佳子
坂口恭平/坂口アオ/アレクサンダー・ロータースタイン/ジェリー鵜飼/タマラ・ショプシン/石塚元太良/ナカバン/鶴見昂/中村ヒロキ/中村ケルシー
40年越しのマリア/「スヴェンスク・テン」が残してきたもの/幻の赤穂段通に魅せられて/ラビット・スクーターを蘇らせる。/失われつつある、ニッポンのアナログ写真術について。他

スタイリスト、スティーブン・マンのディレクションによるスペシャルファッションストーリーの別冊付き。

柔らかな手触りのある紙を、天然染料(4号はクチナシ)で染めた糸でミシン縫いで製本しています。
 
260×372mm、156ページ+別冊付録24ページ、中綴じ、カラー、日本語/英語、2021年。

送料無料の3号と4号のお得なセットはこちら。
http://calobookshop.shop-pro.jp/?pid=163244516
販売価格 4,620円(税込)
在庫数 2
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top