「ニューQ」Issue03 名付けようのない戦い号

サービスデザイン、UI・UX設計などを手掛けるセオ商事の哲学事業部(!)が発行する、新しい問いを考える哲学カルチャーマガジン。
特集のトップは、経済思想家・斎藤幸平さんと考える「問いを立てるための公共入門講座」。グラフィックレコーディングの現象学、岸野雄一さんによるエッセイ「民主主義のエクササイズ」、藤井太洋さんとの公共SF誌上ワークショップなど、いま読みたいものが詰め込まれた、社会や公共について考える充実の内容です。

【目次】
表紙 HATRA × 麦原遼
問いを立てるための公共入門講座 斎藤幸平さん 哲学対話インタビュー
来るべき公共をSFから考える 藤井太洋さん × 麦原遼さん 対談&スペキュラティブワークショップ
みっしんぐワ〜ドわーるど(モノ・ホーミー)
哲学の新しい現場 「Choose Life Project」
グラフィックレコーディングの現象学(清水淳子さん × 小手川正二郎さん)
民主主義のエクササイズ(岸野雄一)
哲学論文紹介「ケアの倫理における『依存』概念の射程 『自立』との対立を超えて」(冨岡薫)
4コマ漫画 問い立て君(セオショージ)
情熱的!哲学選書『道徳の系譜』(永井玲衣)
問いの履歴書「あの日の私(たち)のために」(井上知美)
社会が見える英単語【cancel】(Lena Morita)
ノートをひらいて考える(小指)
花嫁と過激派と鮮やかな爆発(砂漠)
写真で何かを伝えるとは何か? 写真:山本華 / 論考:村山正碩

96ページ、257×183mm、カラー/モノクロ、ペーパーバック、2021年。

【クリックポスト可】
販売価格 1,980円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。info@calobookshop.comを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。



【12月の佐川急便での発送に関するご注意】
12月中、佐川急便での発送は、締切時間の変更により、営業日の実店舗閉店時間(火〜金19時・土18時)までのご入金分を翌営業日に発送させていただきます。当日発送ができなくなりますので、通常よりお時間に余裕をみてご注文をお願いいたします。

Group

Top