瀬尾夏美「二重のまち/交代地のうた」

震災後の陸前高田で人々の話を聞き、語りなおしているアーティストの瀬尾夏美さん。「二重のまち」は、かさ上げのためにかつての町が埋められていく二度目の喪失に直面した人たちの語りに触発されて書かれた、津波の20年後、2031年の未来から過去をみる物語。「交代地のうた」は震災時子どもだった人など"当事者ではないと強く思っている"人たちとの、震災体験の継承ワークショップでの語りを元にした物語。2018〜2020年のツイートに加筆修正した「歩行録」をあわせて収録。

188×128mm、256ページ、カラー、ペーパーバック、2021年。

【クリックポスト可】
販売価格 1,980円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。info@calobookshop.comを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。



【12月の佐川急便での発送に関するご注意】
12月中、佐川急便での発送は、締切時間の変更により、営業日の実店舗閉店時間(火〜金19時・土18時)までのご入金分を翌営業日に発送させていただきます。当日発送ができなくなりますので、通常よりお時間に余裕をみてご注文をお願いいたします。

Group

Top