瀬尾夏美「あわいゆくころ 陸前高田、震災後を生きる」

東日本大震災後、陸前高田に拠点を置きながら作品をつくってきたアーティスト・瀬尾夏美さんの初めての単著。震災後の約7年間のtweetを中心として、震災後に出会った風景や人びとの言葉が、作家の身体を通じて丁寧に綴られています。「みぎわの箱庭」「飛来の眼には」の2編の未来を描いた絵物語も収められました。

193×134mm、360ページ、モノクロ、ハードカバー、2019年。

【クリックポスト可】
販売価格 2,200円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top