[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [51] 商品中 [1-30] 商品を表示しています 次のページへ

芹沢高志「別府」

1,600円(税込1,760円)

「混浴温泉世界」総合ディレクターが虚実を織り交ぜて綴る、芸術祭のコンセプトブック。


「われわれはいま、どんな時代に生きているのかー岡村昭彦の言葉と写真ー」

2,500円(税込2,750円)

ベトナム戦争、北アイルランド紛争、ビアフラ戦争などを取材した報道写真家の言葉と写真。



島田潤一郎「父と子の絆」

1,800円(税込1,980円)

ひとり出版社夏葉社の島田さんによる子育て記。


文学ムック「ことばと」vol.2

1,700円(税込1,870円)

2号の特集は「ことばと演劇」。瀬尾夏美さんが初めての小説にも注目。


文学ムック「ことばと」vol.1

1,500円(税込1,650円)

批評家の佐々木敦さんが編集長を務める新しい文芸誌。



REAR no.45「コロナ禍の文化と生活」

600円(税込660円)

名古屋発の芸術批評誌「リア」によるコロナ下の芸術関係者のレポート。


青木真兵・海青子「山學ノオト」

1,800円(税込1,980円)

人文系私設図書館ルチャ・リブロのふたりによる1年間の日記。


「なnD」7.5号

500円(税込550円)

「なんとなくクリティック」「nu」「DU」の編集者3人により、年に一回発行される雑誌。



辻本力編集「コロナ禍日記」

2,000円(税込2,200円)

文章を書くことを生業にしている人たちの観察眼で記録されていく私と公とその間。


若菜晃子「街と山のあいだ」

1,600円(税込1,760円)

これまで山には縁がなかった…という人にもすっと読み始められる山のエッセイ。


トラベシア vol.4「日本語について」

600円(税込660円)

雑誌的にむちゃくちゃ楽しい号。



トラベシア vol.5「音楽と金」

500円(税込550円)

音楽だけでなく芸術にかかわるすべての人に。


ヤマザキOKコンピュータ「くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話」

1,400円(税込1,540円)

投資家であり、パンクスでもある筆者の視点で見る投資や経済、社会とお金。


「ブックオフ大学ぶらぶら学部」新装版

1,300円(税込1,430円)

ブックオフという「セレクトしない本屋さん」の魅力を自由闊達に楽しく語る。



「なnD」7号

900円(税込990円)

「なんとなくクリティック」「nu」「DU」の編集者3人により、年に一回発行される雑誌。


REAR no.44

600円(税込660円)

名古屋発の芸術批評誌「リア」によるあいちトリエンナーレ2019特集。



山田稔「門司の幼少時代」

2,200円(税込2,420円)

雑誌「ぽかん」からの初めての単行本。


青木真兵・海青子『彼岸の図書館 ―ぼくたちの「移住」のかたち』

2,000円(税込2,200円)

対話とエッセイでつづる“闘う移住本”。


十和田市現代美術館編「地域アートはどこにある?」

3,500円(税込3,850円)

十和田市現代美術館が2018〜2019年にかけておこなったプロジェクトの記録。



岡崎乾二郎「近代芸術の解析 抽象の力」

3,800円(税込4,180円)

近代芸術はいかに展開したか。その根幹から把握する、美術史的傑作。


大阿久佳乃「のどがかわいた」

1,300円(税込1,430円)

本と向き合うまっさらな心と中学生の思い出のヒリヒリ感。


長島有里枝「「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトへ」

3,300円(税込3,630円)

20年以上の時間をかけて獲得した言葉で、当時発表されたさまざまな言説を徹底的に検証する。



小野和子「あいたくてききたくて旅にでる」

2,700円(税込2,970円)

50年にわたり東北の村々を訪ねてきた民話採訪者・小野和子さんが集めた18話。


若菜晃子「旅の断片」

1,600円(税込1,760円)

murren編集発行人の若菜晃子さんの「街と山のあいだ」に続くエッセイ第二弾。


「本があるから Book! Book! Senadai→Book! Book! Miyagi 2008-2018」

1,000円(税込1,100円)

仙台の本のイベント、Book! Book! Sendaiの10周年を記念した冊子です。



みんなの土着人類学「ルッチャ」第三号

750円(税込825円)

奈良県東吉野村にある人文系私設図書館ルチャ・リブロを主宰する、青木真兵さんの個人雑誌。


ぽかん 08

700円(税込770円)

書き手がそれぞれの話題で書いていても、滑らかにつながって、みごとな読み心地。


みんなの土着人類学「ルッチャ」第二号

750円(税込825円)

奈良県東吉野村にある人文系私設図書館ルチャ・リブロを主宰する、青木真兵さんの個人雑誌。


全 [51] 商品中 [1-30] 商品を表示しています 次のページへ

※重要なおしらせ

《メール受信設定ご確認のお願い》
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。info@calobookshop.comを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top