森 栄喜「盗まれた傷たち|Stolen Scars」

2022年2月11日から3月21日まで高松市美術館にて開催された
企画展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.10 ここに境界線はない。/?」にて発表された
森栄喜による5chのサウンド・インスタレーション《盗まれた傷たち|Stolen Scars》のドキュメント音源。

森は《盗まれた傷たち|Stolen Scars》を制作するにあたり、知人たちへ
『深く傷つき、心が痛み、まだ立ち直っていない少年がいます。 あなたは声をかけることも、
背中をさすってあげることもできません。 でもその代わりに、彼へベルを鳴らすことができます』
というメッセージと共に一つのハンドベルを送付。知人たちは、それぞれの環境で自由に
鳴らしたハンドベルの音(鐘音)を録音。森はその録音データをループ化し、5つの音源を作成。
美術館のインスタレーションでは、展示空間の天井近くに配置された5つのホーンスピーカーから
それぞれ異なるループ音源がリピート再生されました。

ドキュメント音源の制作は、高松市美術館の協力の元、美術館閉館後の時間帯に録音を実施。
前作の“Shibboleth | シボレス”のドキュメント音源と同じく、録音、ミキシング、マスタリングを
ばばまさみ(salad)が担当。

また展覧会の関連イベントとして行われたパフォーマンス版の《盗まれた傷たち|Stolen Scars》
にも共演者としてばばが参加。
以下、高松市美術館のInstagramからそのパフォーマンスの記録を視聴することができます。
https://www.instagram.com/tv/CZ1V4znFOkO/?utm_source=ig_web_copy_link

なお、本作(CD) には展示室で配布された作品資料である宮浩一氏(臨床心理士/公認心理師)と
森との往復書簡の英訳が付属しています。
*日本語版は展覧会のウェブサイトより閲覧・DL可能。
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/event/exhibitions/exhibitions_2021/exhibitions_2021/ex_20220211.files/stolenscars_annu_2022.pdf
この往復書簡では、本作の主題を起点に、ジェンダー規範の中でなかったことに
されてきた男性の傷つきや性被害の現状などが語られています。

本作は袋とじの短い2箇所を破って、CDを取り出す特殊ジャケット仕様となります。
ディスクの強度を確認の上、最外装にはOPP袋を使用、アセンブル工程にも細心の注意を払っていますが、
万が一、ディスクが再生できなかった時にお聴きいただけるようDLコードがつきます。
(データ版は、CDと同一の音源ですが、WAV: 24bit 96khzで6分割されたものとなります。)

収録時間約57分、2022年。

【クリックポスト可】
販売価格 1,980円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【12月中の佐川急便は当日発送不可】
12月中、佐川急便での発送は、締切時間の変更により、営業日の実店舗閉店時間(火〜金19時・土18時)までのご入金分を翌営業日に発送させていただきます。当日発送ができなくなりますので、通常よりお時間に余裕をみてご注文をお願いいたします。

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top