「Akan ke Mana Boti?」(ボティはどこへいくの?)

赤い瓶のボティは、長い間スーパーマーケットに住んでいました。ある日彼は店から出ますが、捨てられ、川を漂います。しかしボティの旅はそこで終わりませんでした。空のボトルであることで別の新しい物語を見つけることができたのです。
Google翻訳でも十分楽しめます。

291×209mm、24ページ、カラー、中綴じ、インドネシア語、2018年。

※インドネシアの絵本はカジュアルな中綴じ製本が主流です。製本や流通の過程でつくと思われるこすれや角の折れなどが見られる場合がありますが、ご了解の上ご注文ください。

【クリックポスト可】


Boti, si botol merah, sudah lama tinggal di dalam toko swalayan. Suatu hari, ia keluar toko dan hanyut di sungai. Akan ke mana Boti?
Mengikuti perjalanan Boti yang ingin keluar dan melihat dunia di luar toko swalayan, ternyata tidak seperti yang diduga. Setelah isinya habis, Boti justru menelusuri sungai dan merasa kebingungan. Ini tak seperti yang ia duga. Tapi ternyata perjalanannya tidak selesai di situ. Menjadi botol kosong ternyata punya cerita yang lain, dan masih bisa menemukan kisah yang baru.
Akan ke Mana Boti? ditulis oleh Watiek Ideo dan diilustrasikan oleh Novita Elisa.
販売価格 1,430円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top