「Ketika Listrik Padam」(停電になったら)

スルニの住むパンダンシモの電力源は風力と太陽光。でも今日は大雨で停電してしまった。暗くて怖いよ〜!
Google翻訳でも十分楽しめます。

291×209mm、32ページ、カラー、中綴じ、インドネシア語、2018年。

※インドネシアの絵本はカジュアルな中綴じ製本が主流です。製本や流通の過程でつくと思われるこすれや角の折れなどが見られる場合がありますが、ご了解の上ご注文ください。

【クリックポスト可】


Angin dan sinar matahari adalah sumber listrik di Pandansimo. Begitu pula listrik di rumah Seruni. Hari ini, hujan turun sangat deras. Hal yang Seruni takutkan terjadi, listrik padam. Semua menjadi gelap dan menakutkan bagi Seruni. Seruni harus mengambil lilin atau….
Ketakutan Seruni waktu mati lampu membuatnya memikirkan hal-hal yang menyeramkan. Sambil melewati gelapnya ruangan setiap gerakan merinding, apa ada hantu atau seperti yang selama ini ia pikirkan? Atau itu hanya pikirannya saja. Menghadapi ketakutan yang ada di pikiran kita adalah sesuatu yang sungguh berani. Kadang hanya sedikit lebih berani, tapi itu cukup membuat Seruni menambah satu langkah yang ia ambil di kegelapan itu.
Ketika Listrik Padam ditulis oleh Yuniar Khairani dan diilustrasikan oleh Marla Putri Gyanti.
販売価格 1,650円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top