鹿子裕文・作/森田るり・絵「はなのちるちる」

「きょうというひを だいじにおもうのは としをとったから かしら?」
これまでの時間を振り返って、はなのさんが猫のちるちるに語り掛ける、今の思い。
「へろへろ」「ブードゥーラウンジ」の⿅⼦裕⽂さんの言葉と、「我らコンタクティ」の森田るりさんの絵によって生まれた、一日一日を生きる私たちへのあたたかな眼差しの詰まった絵本です。
「老いていく中で、自分らしく生きること」について、こどもからおとなまですべての人に、この絵本を通して考えてみてほしい、と、京都市老人福祉施設協議会が発行しました。

297×218mm、32ページ、カラー、ハードカバー、2022年。

【クリックポスト可】

販売価格 1,980円(税込)
在庫数 2
購入数


※重要なおしらせ

【12月中の佐川急便は当日発送不可】
12月中、佐川急便での発送は、締切時間の変更により、営業日の実店舗閉店時間(火〜金19時・土18時)までのご入金分を翌営業日に発送させていただきます。当日発送ができなくなりますので、通常よりお時間に余裕をみてご注文をお願いいたします。

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top