「OUT OF SIGHT!!! Vol.2 アジアの映画と、その湿度」

京都のカルチャーメディア、ANTENNA編集部が作る雑誌「OUT OF SIGHT!!!」の2号は、熱量溢れるアジアの映画特集。京都の撮影所から、韓国、香港、台湾を超えて、フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシアへ。映画を入口に地域の文化や社会にまで触れる誌面は、詰め込みすぎてて字が小さい!ほど。アジアの湿度を伝える写真やイラストも満載のカラフルな特集。詰め込みっぷりは目次で。

■目次
1.ネオン・暗室・ニシキヘビ - In the light that illuminates on Hong Kong
Text & Photography: Patrik Wallner

2.2022 アクションの系譜 From Hong Kong To Asia
Text: Arito Kawabata

3.戦後香港の映画にみる、日本イメージ
Text: Chunwah Chin

4.私家版「僕と特撮の10年」 - 断絶していく文脈を再接続する
Text: Hyori Takahashi

5.【入門編】湿度を探る、アジア映画ヒストリー 1960〜2010年代の映画の潮流
Text: Kazuyo Inui / Arito Kawabata

6.映画批評家・夏目深雪に聞く、今語るべき2つのこと(前編) - アジアの女性映画の見取り図

7.アジア映画の勢力図 - ここ10年の映画産業の変化と、第三国の勃興まで

8.ミニシアターのスタッフや、キュレーターに聞いた本当に面白かったアジアの映画11選

9.地球空洞説 - The story of a road found in Vietnam
Text & Photography:Moeko Abe

10.トラン・アン・ユン、アピチャッポンのその先へ - 育て合い、繋がり合う東南アジアの若手映画人たち

11.ヤマクニキョウコの「すごいぞ!フィリピン映画!」

12.A flavor of the movie. - 夏の蜜に染まる蝶
Text: Mio Tsuchiya Photography: Eichi Tano

13.モチーフで見る、東南アジア映画
Text: Chihiro Bekkuya / Arito Kawabata

14.アジアンドキュメンタリーズ伴野智に聞く、タブーへの触れ方

15.私たちは、なにを恐れ生きてきたのか? - 恐怖が写しだすのは、社会の歪みか?それとも、
Text: Arito Kawabata

16.釜山の夏、ソウルの夏 - wo waterside citites in Korea where the seasons come and go
Text & Photograph:Hwang hyojin

17.韓国映画と男性性、描かれ方とその変遷
Text: Michiyo Nishimori

18.ポスターは映画をどう表す? - 想像の余白を生む韓国のデザイン会社propagandaの取り組み

19.BTSが開いた知の扉 - 私が声をあげはじめた理由

20.自分の人生を生きることは、自分を癒すこと
Text: Shino Hikawa

21.人の想いが巡る10日間 - 釜山国際映画祭が生み出す映画との身近さ

22.『山形国際ドキュメンタリー映画祭』にみる - 映画がローカリティに育つまで

23.現実と非現実の境目 - アニメーションが接続するめくるめく今敏の世界

24.映画をこの街のインフラにするために - 下北沢最後の1ピース、シモキタ - エキマエ - シネマ〈K2〉

25.ビジネスとカルチャーの狭間で - 京都の映画撮影所は、なぜ今チャレンジするのか?

26.小さな共同体という灯火 - Individual small endeavors in Japan
Text & Photography: Akihito Yoshida

27.Welcome to Taipei
Text:Daiki Tsutsumi

28.躍動する島、海を渡った人々 - Smell of the street, tolerant Taiwan
Text & Photography: Daisuke Tomizawa

29.台湾在住・栖来ひかりが見る社会 - どうして個人的なことは、政治的なものだと言えるのか?

30.時間をかけて根付かせる - ロケ地まで巡る映画配給・A PEOPLE流、「その土地の作家」とのお付き合い

31.編集部メンバーが気に入ったアジア映画10作品

32.台北暮色
Text: Junya Kato Illustration: Peko Asano

33.「シネマドリフター」リム・カーワイが映すアジアのアイデンティティ - 交わらなかった人たちが教えてくれた無自覚なわたし

34.映画翻訳家に聞く「言葉」へのはからい
Interview & Text: Ayako Koga

35.映画に見る昨今の香港アイデンティティ - 変化を続ける都市はどこへ行くのか
Text: Daichi Ishii

36.映画批評家・夏目深雪に聞く、今語るべき2つのこと(後編) - ユーラシア映画の現在地点〜戦争と圧政を描く〜

37.編集後記

38.地図にない街 - Thailand, how to draw the line
Text & Photography:Kou Kimura

176ページ、257×181mm、ペーパーバック、カラー、2022年。

【クリックポスト可】
販売価格 2,200円(税込)
在庫数 2
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top