アナイス・ボーリュー「時をこえて〜ひと針のゆくえ」

黒いビニールのごみ袋に、絶滅危惧の植物が美しく刺繍されているという不思議な作品集です。
作者のアナイス・ボーリューはフランスの現代刺繍作家。 彼女は西アフリカを旅行中に目にした異様な光景に衝撃を受けます。無数の黒いビニールのごみ袋が道端の木々を覆い尽くしていたのです。この状況を前にして、刺繍作家として自分が出来ることは何か。そこで思いついたのが黒いビニール袋に絶滅が危ぶまれる植物を刺繍し作品にするということでした。
背景の黒いビニールは、時には岩肌のようであり、時には風が吹きすさぶ荒野のようでもあります。あるいは漆黒の闇かもしれません。

本の制作はインドのタラブックス。この本の本文はオフセット印刷ですが、クロス装の表紙には本物の刺繍が施された黒いビニールを縫い付け、タラブックスにしか実現できなかったであろう手の込んだ仕上がりになっています。
楕円形のトレーシングペーパーの窓が開いたサックケースに入っています。
青木恵都訳。日本語版デザイン セキユリヲ 。

35×24cm、32ページ、ハードカバー、カラー、日本語、日本語版初版2022年。
販売価格 3,740円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top