松村圭一郎・コクヨ野外学習センター編「働くことの人類学 仕事と自由をめぐる8つの対話」

文化人類学者が、それぞれのフィールドで体験した、日本人が知っている「働き方」とはまったく違う「働き方」。
狩猟採集民、牧畜民、貝の貨幣を使う人びと、アフリカの貿易商、世界を流浪する民族、そしてロボット........が教えてくれる、目からウロコな「仕事」論。

登場する人類学者は、深田淳太郎(パプアニューギニア)、丸山淳子(カラハリ砂漠)、佐川徹(エチオピア)、小川さやか(タンザニアの古着商人)、中川理(世界中で暮らすモンの人々)、久保明教(ロボットやAIを人類学の立場から研究)のみなさん。巻頭対談のゲストに柴崎友香さん。装画は安藤智さん。

24×17cm、301ページ、2色刷、ペーパーバック、2021年。

【クリックポスト可】
販売価格 2,200円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。info@calobookshop.comを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。



【12月の佐川急便での発送に関するご注意】
12月中、佐川急便での発送は、締切時間の変更により、営業日の実店舗閉店時間(火〜金19時・土18時)までのご入金分を翌営業日に発送させていただきます。当日発送ができなくなりますので、通常よりお時間に余裕をみてご注文をお願いいたします。

Group

Top