大谷省吾・林洋子・河田明久・木下直之著/村田真編「いかに戦争は描かれたか」

2015年にBankARTスクールで開かれた連続講座「戦争と美術」をまとめたもの。「戦争画とはなにか」にはじまり、藤田嗣治の戦争画、明治以降の日本における戦争表象の変遷、モニュメントやスペクタクルの視点から見た戦争など、第2次世界大戦の戦争画に限らず多角的に「戦争の表象」に迫る。

210×148mm、224ページ、モノクロ、ペーパーバック、2017年。

【クリックポスト可】
販売価格 1,320円(税込)
購入数


※重要なおしらせ

【メール受信設定ご確認のお願い】
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースがあります。ご注文前に、いま一度メールの受信設定のご確認をお願いいたします。特にezwebドメインの方は不達が多いようです。
shop@calobookshop.shop-pro.jpを指定した上で受信できる設定をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Group

Top