西尾勝彦「歩きながらはじまること」

奈良在住の詩人西尾勝彦さんのこれまでに発行された詩集「フタを開ける」「朝のはじまり」「言の森」「耳の人」「耳の人のつづき」の5冊分を再録。読んでも読んでも終わらない幸せ感。解説はPippoさん、帯は大阪・中崎町の葉ね文庫池上さん。

※収録された本の元本で在庫があるものもございます。装丁もそれぞれ個性的、こちらのリンクからご覧ください。
http://calobookshop.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1942639

155×120mm、ペーパーバック、340ページ、モノクロ、2018年。

【クリックポスト可】
販売価格 2,000円(税込2,160円)
購入数


※重要なおしらせ

《メール受信設定ご確認のお願い》
携帯電話会社のキャリアメールをご利用の方、Yahooなどのフリーメールをご利用の方で、こちらからお送りするご注文確認メールが不達になるケースが多くあります。ご注文前に、いま一度、info@calobookshop.comからのメールを受信できるかどうか設定のご確認をお願いいたします。
初めてご利用の方は、下記の「お買い物の流れ」のページを必ずご確認ください。

Top