アサダワタル「想起の音楽 表現・記憶・コミュニティ」

これまで作曲家・演奏家として、社会活動家としての両輪で実践を重ねてきた筆者が、表現活動と社会活動の狭間で音楽がどのような役割を果たせるかを解き明かす、というミッションを自らに課し、博士論文として書き上げたものに加筆訂正した「音楽による想起がもたらす、創造的なコミュニティ形成」についての研究書。でもけっしてとっつきにくくはないのが音楽の力で、取り上げられる事例(校歌や、さまざまなヒットソングなど)は誰にとってもなじみがあるものだから。

210×148mm、198ページ、モノクロ、ペーパーバック、2018年。

【クリックポスト可】
販売価格 2,200円(税込2,376円)
購入数


Top