ぽかん 07

期せずして、この世にはもういない人、なくなってしまったものについての文章があつまった「ぽかん」7号。この号の寄稿者で今年の春先に亡くなられた詩人の片山玲子さんを悼む、ぽかん編者の真治彩さんの文が深く沁みこみます。
執筆者は、山田稔、片山令子、株田和生、岩阪恵子、郷田貴子、高崎俊夫、福田和美、服部滋、渡辺尚子、澤村潤一郎、真治彩の11人のみなさん。
疲れて帰宅したときでもなぜかすっと読めてしまう散文集。今号から、表紙は片桐水面さんの絵になりました。

150×150mm、88ページ、本文モノクロ、中綴じ、2018年。

【クリックポスト可】
販売価格 700円(税込756円)
在庫数 2
購入数


New - 新着


ぽかん 07

700円(税込756円)


Emte「Nyampah」

1,389円(税込1,500円)


Emte「Nyampah Lagi」

1,852円(税込2,000円)


Anton Ismael「Visual Diary 01」

2,315円(税込2,500円)


※重要なおしらせ

【送料変更のお知らせ】
佐川急便の運賃大幅値上げにともない、送料を変更させていただきました。ご理解をお願いいたします。また、小さめのお荷物にはレターパックプラスをお選びいただけるようになりました。どうぞご利用くださいませ。

Top